背筋を伸ばしてスタートアップするブログ

株式会社ペライチで開発責任者をやっています。

音声入力がブログ記事作成の最速の方法かもしれない

いかに効率的にブログを書くかという方法を考えているのですが、最近うまくいってる方法として音声入力があります。

ちなみにMac&iPhoneユーザー向けの方法となります。

音声入力でブログの下書きをつくる手順

手順は以下です。

  1. Macのメモ帳を開き、タイピングで目次だけ書く
  2. iPhoneのメモ帳を開き、目次ごとに内容を思いつくままに喋る
  3. Macで文章を修正する

1. Macのメモ帳を開き、タイピングで目次だけ書く

最初は音声入力ではなくテキストで目次を書きます。これにはいきなり文章を書き始めるのではなく先に記事の構成を整理するいう意図があります。思考が整理されきってない状態で音声入力から入ると散漫な内容になり結局整理するのに時間がかかるためです。

2. iPhoneのメモ帳を開き、目次ごとに内容を思いつくままに喋る

iPhoneのメモ帳で上記のメモを開き、目次ごとに内容を音声入力していきます。

初めて体験する人はその速さに驚く事かと思います。普段タイピングの速さに思考速度が慣れているので、音声入力だと入力速度が早すぎて頭の回転が追いつかないため、慣れないうちは入力が途中で止まりがちです。しかし、何度もやっているうちに徐々にスムーズに入力できるようになっていきます。

これのポイントはiPhoneとMacがリアルタイム同期されるため、iPhoneに喋った内容がそのままテキストとしてMacのメモ帳に現れることです。 そのため喋りながらMac側で内容をカット&ペーストして順番を入替えたり、細かい構成をつくることが可能です。

ちなみにMacに対して直接音声入力も試みましたが、うまく音声を拾ってくれずに諦めました。そのためiPhoneを使っています。

3. Macで文章を修正する

頭の中にあることをあらかた喋って文章化したら、Macで記事としての体面を整えます。

以上が音声入力での記事作成手順となります。

記事の内容により向き不向きがある

この方法は大変すばやく記事作成ができますが、記事の内容によって向き不向きがあります。がっつりコードを貼り付けるような技術系の記事や、イベントレポートみたいな手書きのメモがそのまま原稿になるような記事にはむいてないです。

どちらかというと以下の記事のように自分の頭の中の考えを吐き出す系の内容が向いています。

katsuki.hatenablog.com

katsuki.hatenablog.com

katsuki.hatenablog.com

デメリットは時間と場所が限られること

また、この方法の最大のデメリットは人がいるオープンな場所でできない事です。

そのため夜自宅でとかの作業になります。

しかし早い

音声入力のスピードは体感的にタイピングの数倍早いです。

まとめ

ということで、文章を書く機会が多い人にはおすすめです。